コスメの常識

コスメの常識を抑える

シミにはコンシーラー

コスメティックスといえば、様々なものがありますが、シミを隠したいなら、是非使用したいのがコスメのコンシーラーです。
コンシーラーを使う

 

コスメティックスの中では「ベースメイク」に位置するアイテムで、シミやそばかす、ニキビやニキビ跡などの肌トラブルを隠すために使います。

形状としては、スティックタイプのものや、パレットタイプ、チューブタイプなどがあり、指で直接付けたり、筆を使って付けたりします。


コンシーラーの使い方は、コスメティックスアイテムの中ではファンデーションの前あるいは後に使用します。

パウダーファンデーションの場合は、下地で整えた後にコンシーラーを塗り、その後にファンデーションを重ねます。
ipsコスメティックス


リキッドファンデーションやクリームファンデーション、BBクリームなどの場合は
ファンデーションを塗った後に使用し、ルースパウダーで仕上げます。

 

このコスメティックスには、美白効果のあるものや、日焼け止め効果のあるものもあり、シミの解消や予防に効果的です。

 

自分の肌に合ったコンシーラーを選ぶポイント

はたして自分の肌にはどの色のコンシーラーを使うと効果的なのか、お悩みの方がいらっしゃるでしょう。
適したコンシーラーを選ぶポイントは、隠したい部分の肌の色とは反対色を選んであげることがベストで大切な点になります。

たとえば、青みがかった肌ならオレンジ色、赤みが気になる肌の場合には緑色といった具合に選ぶと隠したい部分に効果的と言えます。
赤みが強くあらわれているニキビの肌でしたら、先に述べたように緑色系が良いです。
それほど赤みがない場合は黄色、ベージュ系には明るめや普通にダークといった種類があるので、隠したい部分の度合いに合わせて選んでみるといいでしょう。

また、目のクマですがこれには青や黒に茶といった色が出て隠したい方が多いです。
先ほどの説明で触れたように、青色のクマならオレンジ色のコンシーラーを使うのが最適になります。
茶色のクマは、黄色やベージュ系を選んでみると良いです。

そして、黒色のクマには、明るさが出るようにパールが入っているタイプを使うのがいいです。

自分の肌にはどんな色のコンシーラーを選べば良いかお悩みの方は、自身の肌色やトラブル状態の色に合わせて一番適したカラーを試してみてください。